RPG

2010年12月19日 (日)

Kindred the Embraced(1996)

Kindred the Embraced(1996)は、White Wolf社のRPG『ヴァンパイア:ザ・マスカレード(Vampire: The Masquerade)』を元にしたFOXのテレビドラマらしい。


Youtube 検索結果: Kindred the Embraced

過去に日本語化され、VHSでビデオ販売もされたらしいが、今現在は日本語の情報が少ない。検索によって日本語のレビューを一件みつけた。

アメリカTV/映画ノーツ
*Kindred the Embraced

FOXだけあって、実写ドラマだけどインディーズのような安っぽさはなく、面白そう。

Wikipedia, the free encyclopedia
*Kindred: The Embraced

Kindred: The Embraced

追記:レビューに"ソープ・ドラマ"という評がなされていたけれども、実際そうかもしれない。バイオレンス/アクションは控えめだし、日光の下でも肌が焼けたりはしないようだ。あえて吸血鬼である必要がないような(笑)

再追記:直射日光に長時間晒されると焼ける模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

T&Tより優れたゲーム・・・!?

「T&Tより優れたゲームを見つけたので、レビューしてきました。D2 RPGのビーンです。」
トロールの父 ケン・セント・アンドレ
http://twitter.com/Trollgodfather/status/6064849301807104
---------------------------------------------

「私はトンネルズ&トロールズを優れたゲームだと考えていましたが、ビーンは凌駕しています。ビーンは短時間で読み通せ、習得が容易で、コンセプトが面白く、ファンタジーやほかのどんなタイプのロールプレイング・アドベンチャーにも向いています。ビーンはロールプレイングの真髄です。私の唯一の疑問は、このゲームを実際にプレイするのに必要なものは、どこで手に入るのかということです。私がホットドッグといつも食べている茶色いやつは、テーブルにぬらぬらと転がっています」
-- ケン・セント・アンドレ

評価:☆☆☆☆☆

BEAN! The D2 RPG
http://rpg.drivethrustuff.com/product_info.php?cPath=5199&products_id=85809
---------------------------------------------
えー。褒め殺し・・・というわけでもないの!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

クトゥルフの呼び声 関連リンク (海外編)・・・の備忘録

どこかに書いておかないと忘れてしまうので、備忘録としてリンクを。

Miscatonic.co.uk
1920年代アーカムを舞台にしたシナリオや、数世紀を生きた不死者に雇われて探索を行うシナリオ・セッティングなどをPDFスタイルで公開。
オーダー・オブ・アスタロトというクラブがアーカム市で活動しているなど、結構、濃いです。

The DELTA GREEN: 1939-1945
人気作品デルタグリーンの第二次世界大戦を舞台とする非公式設定集。
歴史解説、関係組織、著名人のデータ、拡張ルール、装備、シナリオを掲載。
関係組織として、ピスケス、GRU、カロテキアに加えて、日本の黒竜会/玄洋社やウクライナのThe Sluzhba Bezpekyがあげられています。
車両のチェイスルールは、ルールブック付属の物ではなく、サプリメント"Fearful Passages" 収録のものをベースに拡張したもの。
イアン・フレミングやナチの神秘主義者カール・マリア・ヴィリグート将軍、エドガー・フーバー長官のデータもありますが、心なしかフーバー長官のレーティングが渋い。
デルタ・グリーンは未入手ですが、興味深い(でも英語は・・・)。

END TIME
月や火星に人類が基地を設営した惑星間航行時代のサプリメントがEND TIME。
ルール、データ、マップ、探索者シート、シナリオなどが公開されています。
Michael C. LaBossiere氏の名前がクレジットされていますが、ケイオシアム社で販売中の同名サプリメントとの関係は不明です。

Cthulhu Rising
23世紀の地球を舞台とするクトゥルフのセッティング。

| | トラックバック (0)

ラヴクラフト・カントリーの紹介記事。

こんな記事が欲しい! 1)ラヴクラフト・カントリーのサマリー。
1:42 AM Apr 13th webから

2)アドベンチャー・シナリオ
1:43 AM Apr 13th webから

3)フォロー記事
1:44 AM Apr 13th webから

ラヴクラフト・カントリーのサマリーは、インスマス、ダンウイッチ、キングスポート.etcについて、『クトゥルフ神話TRPG』p.338-339のアーカム・ガイドを拡充したぐらいのボリュームの地域ガイド。
1:48 AM Apr 13th webから

でも、プレイヤーハンドアウト以上にはならないなあ・・・
4:49 AM Apr 13th webから

こんなツイートしてたのはだいぶ前なのですが・・・。

ひそかな願いが通じたのか、いやもちろん偶然でしょうけれども、Role & Roll Vol.72の連載『アーカム計画』で、エスケイプ・フロム・インスマスの紹介記事が掲載された模様。

これは・・・買うしかない・・・のか。

| | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

アナログゲームショップ:i-OGMの公式サイトのリニューアル

アナログ・ゲームショップ、i-OGMの公式サイトがリニューアルされた模様。

新サイト ( http://saitohobbygames.jp/ )

旧サイト ( http://www.boardwalk.co.jp/iogm/index.html )

| | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

キーパー・コンパニオンと比叡山炎上の値下げ販売

internet - OnlineGameMarketでは、4月7日からキーパー・コンパニオンと比叡山炎上を値下げ販売しています。

クトゥルフ神話 TRPG キーパーコンパニオン 2,310円→945円
比叡山炎上 3,990円→1,995円

URL: internet - OnlineGameMarket

国内ゲーム(i-OGM)に国産RPG書籍等のカタログがあります。
海外ロールプレイングゲーム(i-OGM) のカタログには、輸入書籍のRPG書籍等がラインナップされていて、Cthulhu関連のものも少数ながら見受けられ、取り寄せも可能なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

Chaosium社の30% offセール期間

Chaosium社のTwitterによれば、30% offセールは明日の夜まで、とのことです。

セール告知
http://www.chaosium.com/article.php?story_id=459

販売サイト
http://catalog.chaosium.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

30% off, Chaosium.com Sale

ケイオシアム社のウェブサイトにて、30%オフのセール中。(~2010年5月1日まで)

告知
http://www.chaosium.com/article.php?story_id=459

販売サイト
http://catalog.chaosium.com/

ドナー・パーティ(Donner Party)の名を冠したこのセール、"Hungry for Savings?"とはジョークがきつい。(ドナー・パーティは開拓者のキャラバンが冬山で遭難、凄惨な人肉食に到った事件で、猟奇的な関心を集めた。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

Role & Roll Vol.44号掲載のエラッタ

Role & Roll Vol.44号の新品購入が難しくなってきたようなので、掲載されている『クトゥルフ神話TRPG』のエラッタ(正誤表)をこっそりHTML化。
RWS管理人氏のエラッタ(正気度の喪失の例表)を加筆してあります。

エラッタはコチラから
http://homepage2.nifty.com/usagi_don/game/cthulhu/list.htm

Role & Roll Vol.44号には、ケイオシアム社への問い合わせを元に、『クトゥルフ神話TRPG(クトゥルフの呼び声)』の、39項目におよぶあいまいなルールを明確化する『クトゥルフ神話TRPG』FAQ、および『マレウス・モンストロルム』のエラッタも収録されているので、古本であっても購入する価値があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

項目追加 - クトゥルフWiki

誰かが更新してくださることを期待しつつ、クトゥルフWikiに項目を追加。

サンディ・ピーターセン
リン・ウィリス
キース・ハーバー

造詣の深い人、さほど詳しくなくとも一家言あるひとはどんどん加筆修正して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧