« マフィア日本語版 インプレッション | トップページ | マフィア日本語版 ミッションプレイ2 »

2010年3月 7日 (日)

マフィア日本語版 ミッションプレイ1

フリーライドの地域制限や車両の制限が悲しいので、ミッション本編をプレイ開始。

【断れない話】
夜間のロスト・ヘブンを、ギャングスタに追われながらタクシーで逃走しなければなりません。
疾風のように追い掛けてくるので、トーマス・アンジェロ(トミー)のFalconerではすぐに追い付かれてしまいます。同じ車種とは思えない猛追撃。直線的なルートでマトモにチェイスすること二度失敗、右折左折を繰り返して相手がロストするようにして逃走成功

【逃げる男】
ロスト・ヘブンでのタクシー業務パートと、命からがらリンチから逃走逃走するパートに分かれます。
気分はすっかりタクシーの運転手気分で、客の注文に答えて赤いジュリアーノ大橋を通ったりするのが楽しいが、四人目の配送で気が緩んで歩行者をハネたら乗客が怒って降りてしまい、失敗しちゃった(笑)。慎重に運転して成功。
リンチからの逃走ではノーダメージでゆける楽勝!と思ったのもつかのま、路地で袋小路に進んでしまい、ギャングに追い付かれていくらか撃たれてしまいました。必死でサリエリ・バーに逃げ込み逃走成功。

【モロトフパーティー】
モレロ・ギャングに命を狙われたうえ、タクシー会社をお払い箱になり、サリエリ・パパの手下になったトミー。報復のためモレロの駐車場に忍びこみ、車を叩き壊せとバットと火炎瓶を渡され、おまけに付け馬(監視役)として【断れない話】に出てきたギャングのポーリーがついてきます。こころなしか、足を引きずっているような。
ラルフという吃音のメカニックから現場までの足としてBolt Aceという旧式を渡されるが、時間制限はないし、マ~猫はフリーモードでしばらく遊んでいたので夕焼けのロスト・へブンを気持ちよく走ります。モレロズ・バーの裏手の駐車場に回り、バットで見張りを殴り倒して車両をボカボカ叩き壊しているとギャング4人が出てきてピストルを撃ち始めた!見張りから奪っていたピストルで応戦するも劣勢、火炎瓶を投げて焼殺するという凄惨さ。う~む・・・ポーリーはボスに「大したモンです静かに忍びこんで車をお釈迦にし、気付かれる前に逃げ出したんです」云々と報告してるけど、激しく違っちゃってます(汗)

【お決まりの仕事】
サリエリ・ギャングのシマから、保護料を徴収するミッションで、トミーは運転手役。
拳銃と新車を支給される上、ラルフからFalconerの鍵のこじ開けかたを教わります。
三件目、郊外のガスステーションで、シマ荒らしのモレロ・ギャングにポーリーが撃たれ、サムが虜になってしまう。次々現れる敵を倒し、サムを救い出すと、ハゲ頭の男が入って来て保護料を奪って逃げてしまう。車で追いかけ、トンネル内で渋滞しているところを射殺してクリア。

●登場車両

Falconer:
1927年のFalcon Knight Model 10がモデルの中型車で、後述のBolt Aceに比べると断然高性能。ロスト・ヘブンでは乗用車としてずいぶん普及しており、タクシーはこの車両。高性能ですが、マ猫にはついうっかりハンドブレーキをいっぱいに引きつつカーブを曲がる癖があり、スピンしてしまいます。

Bolt Ace:
名高いFord Model Tがモデルの小型車。エンジンの始動が遅く、加速も悪く、ハンドブレーキもほとんど利かないので追突やスピンを起こしやすい。そしてダメージを受けるとすぐ壊れる。4ドアに2ドア、ロードスター、トラックなどとバリエーションは多彩だが、基本性能は同じ。性能不足が否めないが、運転が面白く、見た目にも愛着のわく車両。頼りなげなクラクションまでもが愛らしい。

マフィア日本語版 公式サイト
http://mafia.zoo.co.jp/index.php
Mafia: City of Lost Heaven

|

« マフィア日本語版 インプレッション | トップページ | マフィア日本語版 ミッションプレイ2 »

RPG」カテゴリの記事

戦間期」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218581/47748106

この記事へのトラックバック一覧です: マフィア日本語版 ミッションプレイ1:

« マフィア日本語版 インプレッション | トップページ | マフィア日本語版 ミッションプレイ2 »