« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

技能成功率の目安 - クトゥルフ神話TRPG(クトゥルフの呼び声)

以下の解説は、未訳サプリメント CHA2370 1920s Investigator's Companion収録の"1920s SKILLS"からの部分翻訳です。

技能のレベル Skill Levels

これはオフィシャルなルールの一部でこそありませんが、技能のレベルによって、ダイス・ロールよりも手軽にキャラクターの能力を判定することがでるでしょう。提示されている“レベル”はあくまで参考ですので、すべての状況に逐一あてはめるようなことはしないでください。

■20-25% 初心者(ノービスないしビギナー)。技能をより深く学ぶための、ベーシックな段階の成功率です。ベーシック・レベルは、普通の状況に置いて、キャラクターが操作や準備を安全な手順によって行えることを示しています; 外国において、正しく道を探すためや、ディナーを注文するために言語を用いるなどができます; 手順どおりに修理することができます; あるいは、アシスタントや見習いとして職務を果たすことができます。

■50% 法律家や医師、考古学者、自動車の修理工、タクシー・ドライバー、郵便パイロットなどの職業人(プロフェッショナル)として収入を得、雇用を維持するのに大抵必要とされるレベルです。そのほかの言語においてこのレベルの技能を有する場合、普通に会話したり、本を読んだりすることができることを示します。

■75% このレベルは特筆すべき才能を示しています。職業的な技能がこのレベルにある人物は、ディレクター(指導者、責任者)やその他のスーパーバイザー(監督、教授、管理者)をこなすことができます。75%以上の技能は、キャラクターが最も難しい類の書籍を読んで理解することができ、正確に訳せることを示します。プロフェッショナルのレース・ドライバーやスタント・パイロット、アスリートは、適切な技能すべてに75%かそれ以上を有していてしかるべきでしょう。

■90% このレベルかそれ以上の技能は、世界的な能力を示しています。これほどの技能レベルを持つキャラクターは、既存の疾病の治療法を発見したり、世界的に知られたフライング・エースないしレース・ドライバーとなるか、あるいはそのほかの言語で価値のある文学作品を著述することができるでしょう。しかしながら、これはあくまで可能性の尺度であって、実現できるとは限りません。キャラクターはそのことを認識しておいてください。

---------------------------------------------------

この基準は、古いルールブックの「25%ルール」などの記述と多少食い違うものの、山本弘氏提案の成功率修正とあわせて用いることも可能でしょう。

「『クトゥルフ・ハンドブック』で書き残した事」より「パーセンテージ・ロールの加減」
http://www5d.biglobe.ne.jp/~lake-god/hj_tctcs.html#006
(湖の隣人の小屋記事)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

是非もなく日が暮れて。

クトゥルフ神話TRPG(クトゥルフの呼び声)の戦闘ルールのおさらいで日が暮れてしまいました。

「自動火器、連射」ルールはきちんと調べて見ればかなり凶悪なルールで、密集した相手集団ならば1ラウンドで複数目標に弾丸を送り込めるというもの。でもわたし、このルールに最近まで気付かんかった・・・あれ説明がわかりにくくないですか。

・戦闘ラウンド(p.65)における移動の扱い

・「自動火器、連射(p.68)」の発射数

・「慎重な照準、レーザー照準器、望遠照準器(p.69)」「未照準(p.69)」と連射(あるいは3点連射)

ここらへんはいまだ不明で、だいぶ前にR&R誌編集部に質問メールを送りましたが、スルーされてしまっています(イテテ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

BRP2

●クトゥルフ神話TRPG(クトゥルフの呼び声ホラーロールプレイング)のベースとなった汎用RPGシステム、ベーシック・ロールプレイング・システムは2007年に大幅に改訂され、400ページにも及ぶ大著となっています。

BRP Quick-Start editionというサブセットのPDF版はフリーダウンロードなのでさっと読んでみました。従来のBRPゲームと基本は同じですが、「技能vs技能」ロールや、戦闘ルールの「遮蔽物」など細々と改良が加えられた上に、スマートな体裁(編集)なのが好印象です。中には人間の「移動力」が伝統的な4の倍数から10になるなど首をかしげる変更点もありますが。付属シナリオは簡単なセッティングだけで、ほとんど戦闘ぐらいしかやることなさそうですが、体験用ということなのでしょう。

いかにも古臭いコンセプトのゲーム・システムではあるのですが、なじみ易さ、取りまわしの軽さは折り紙つき。新たに整備されたいくつかのルールは、クトゥルフ神話TRPGを補完するハウスルールとして使えそうです。

●Role & Roll vol.58号に掲載されたガンドッグゼロの、シンプルなスマッシュ&グラブ・シナリオ「ミッション・デストロイ・ザ・ドラッグファクトリー」、これを勝手知ったるBRP(クトゥルフとか)の軽快なシステムに移植できないかと構想中。週末になんとか頑張ってみようか。ということでお休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

米購入と米相場の恨みつらみ

有紀食品インディカ米(ブレンド)は高くて手がだせませんでした。500gで903円は厳しい、てかありえないよね、バスマティでもないブレンドで。

で、アライド・コーポレーションタイ・ジャスミンライスを買ったわけだけれども、複数原料米の怪しげなのが450gの504円だからお得感は丸っきりないわけでして、アメ横大津屋が近所ならば・・・という感じ。

大津屋商店の米相場
http://www.ohtsuya.com/e-commex/cgi-bin/ex_disp_category.cgi?id=IND-011

と恨みつらみを書き連ねてきたわけですが、ジャスミン・ライス(生米)の香りを嗅いだだけで思わず頬がデレデレに緩んでしまうマ~猫は駄目猫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テューダー朝の特集2 - メアリー・ローズ号

Mary Rose 公式サイト
http://www.maryrose.org/
ヘンリー8世治世の1545年に沈んだ軍艦メアリー・ローズは1982年に引き上げられ、考証が行われました。

The Mary Rose -- 1/6
http://www.youtube.com/watch?v=PGpJkvC-pQo
引き上げと考証のドキュメンタリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

テューダー朝の特集

Royal Heritage ~ The Tudors (1 of 6)

1977年放送のBBCのドキュメンタリー。
ふと気付くとフィリップ・マウントバッテン公(王配)が歴史的武器の解説をしていたりする。

地味に凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

更新情報 - 20091107

1.CHA2353 Strange Aeons 紹介を更新。

何年か前にmixi日記に書いた部分翻訳記事の再掲なんですけどね・・・
肝心のシナリオ翻訳の方はぜんぜん進んでいません。

モチベーションの維持は難しい。

2.DVD映画

Amazonにて、『アラトリステ スペシャル・エディション』と『恋におちたシェイクスピア』のDVD二枚を注文。

『アラトリステ』の方は、17世紀スペインを舞台にした陰謀劇。
スペインでは有名な歴史小説の映画化。
「アラトリステ」公式サイト - 株式会社インロック

『恋におちたシェイクスピア』の方は、エリザベス朝のロンドンを舞台に、シェイクスピアの劇作を題材に、虚実を取り混ぜたコメディ。なかなか評判がよいです。

両作とも、各所で宣伝したりしていたにもかかわらず、じつは未見でした(てへっ)

迅速に配達したって、お願いカートレック便。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

"Cthulhu Britannica"

海外ですが

Chaosium社のライセンスを受けたCubicle 7 Entertainmentなる英国の会社から"Cthulhu Britannica - Folklore"(Softcover, 72 pages)という、英国資料集が12月に出るとのことで、Amazonでも予約開始している模様。

"Cthulhu Britannica"(Softcover; 172 Pages)というシナリオ集の方は既刊で、DriveThruRPGでもPDFバージョンがラインナップされているのですが、"contains adult material"とのことで、ログインして表示設定を変更しないとカタログすら見れないらしいです。

DriveThruRPG.com
Cthulhu Buritannica - DriveThruRPG

1890年代と言えば"Cthulhu by Gaslight"、1920年代なら"Green and Pleasant Land"や"London Guidebook"、モノグラフ"Kingdom of Blind"がありましたが、"Cthulhu Britannica - Folklore"(クトゥルフ・ブリタニカ-民間伝承)の位置付けはどうなのでしょうか。

続きを読む ""Cthulhu Britannica""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »