« ケイオシアム社のセール情報 | トップページ | 千夜一夜物語(1969年、日本) »

2009年3月15日 (日)

アイリッシュ・シチューとギネス

3月17日の聖パトリック祭(St.Patric)を祝う謂れもないのだが、かこつけて夕食はアイリッシュ・シチューとギネス。

●アイリッシュ・シチューは素朴な煮込み料理。本来ラム肉を使うのかもしれないが、入手しやすさからオージーの牛すね肉で代用。たまねぎ、ニンジンに大根、そしてジャガイモ(メークイン)を沢山、グリンピース。味付けは塩と胡椒、ローリエ、タイムとパセリ。具材を油で炒め、スパイスと水だけを加えて灰汁が消えるまで煮込めば十分コクがでるが、水多すぎには注意すること。煮込みにブランデーやワインビネガーを垂らすと、味に深みがでる。

●ギネスは、サッポロが輸入した瓶詰めのギネス・エクストラ・スタウト、アルコール度数5%。黒ビールとしては飲みやすい。アイリッシュ・シチューとはベストマッチ。6月からはキリンに契約が切り替わる。あわ立ちに驚く。泡にシャムロック(三つ葉のクローバー)を書こうとしたが、出来なかった。瓶では無理か。

|

« ケイオシアム社のセール情報 | トップページ | 千夜一夜物語(1969年、日本) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事