« 落書き(20090122)Elder things | トップページ | 模型店閉店とRPG、ボードゲーム商品.etc »

2009年1月23日 (金)

どん底生活-極貧生活を扱った本二冊

●TRPG.NETの管理人氏らがもの書きチャンネルで話題に出していた本が、『最暗黒の東京 (岩波文庫)』。

その本は流石に持っていなかったが、同じく話題に出ていた『東京の下層社会』(ちくま学芸文庫、紀田順一郎) にはかすかに聞き覚えがあり、がさごそ探したら、出てきた。

パラパラと眺めてみたが、戦前の貧民街(スラム)や流民、色街や工場労働者(女子工員)の絶望的な貧困具合、苦悶を、当時のルポルタージュを中心とした豊富な資料を元に活写していて、胸を打たれた。

現代の貧困と本質において共通する部分もあるが、社会保障も未整備で、はるかに容赦がない過酷な時代の話だった。

●貧困繋がりでいま気になっている本が、『モグラびと―ニューヨーク地下生活者たち(ジェニファー・トス著、渡辺葉訳)』。

原題は"The Mole People"で、1993年に出版された、ニューヨークの知られざる貧困生活を取材したルポルタージュ。馬場秀和先生も絶賛しておられますし、これは読むしかあるまいということで注文中。

"In search of the mole people - Trailer" - Youtube



-----------------------------
参考

TRPG.NET #もの書き 2009-01-13
http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2009/01/20090113.html#030000

『東京の下層社会』(ちくま学芸文庫、紀田 順一郎)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480085459?ie=UTF8&tag=usagidoncocol-22

モグラびと―ニューヨーク地下生活者たち
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087732649?ie=UTF8&tag=usagidoncocol-22

原著のなか見検索!をみると、裏表紙に著者らしき写真があるが、なんとも勇敢な女性である。

Mole_people

馬場秀和氏のブログより、"『摩天楼の怪人』(島田荘司)"
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2006-05-14#trackback

|

« 落書き(20090122)Elder things | トップページ | 模型店閉店とRPG、ボードゲーム商品.etc »

RPG」カテゴリの記事

Youtube」カテゴリの記事

戦間期」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218581/43826471

この記事へのトラックバック一覧です: どん底生活-極貧生活を扱った本二冊:

« 落書き(20090122)Elder things | トップページ | 模型店閉店とRPG、ボードゲーム商品.etc »