« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

マ~猫のいとしいしと (M'y Precious)

なんか不審な小包が届きましたよ?
Asylum1

中から不吉な紙包みが・・・
Asylum2

続きを読む "マ~猫のいとしいしと (M'y Precious)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

『混沌の渦(Maelstrom RPG)』にシナリオ登場。

Arion games(http://www.arion-games.com/)から原書のPDFバージョンが再販されている混沌の渦(Maelstrom RPG)ですが、いつのまにかシナリオなど出版されていた模様。

DriveThruRPG
http://rpg.drivethrustuff.com/index.php?cPath=1684_4422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

求品

何年か前に日本語版が邦訳されたケイオシアム社の『ラヴクラフト・カントリー』("Lovecraft Country")シリーズ、『H.P.ラヴクラフト ダンウィッチ』と『H.P.ラヴクラフト キングスポート』。気がついたら絶版のようで、入手しそこねました。どうしても入手したいので、情報希望です。もし譲っていただける方がおられましたら、値段は要相談ということで。

Cha8802_dunwich_3

Cha8804_kingsport

続きを読む "求品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

リンク整理と株の神様

リンクを整理しつつ、思わずリンク先を訪問して時間を食ってしまう。雑誌や書籍の整理で思わず読みふけるのと一緒である。

最近何年も訪れて居なかったサイトが邱永漢氏のサイト、『ハイハイQさんQさんデス』(http://www.9393.co.jp/)。

『食は広州に在り』などの食をめぐる名著で名高いが、旧帝国大学の主席卒業で「株の神様」としても有名だった(らしい)。

御歳84歳、いまだに、快刀乱麻でわかりやすい経済コラムを、ほぼ毎日更新しておられるのが凄い。

最新のコラムは、円高株安の原因。

神仙なテイスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウス不調その他

■まずマウス不調。
古めかしい有線のマイクロソフト・インテリマウス・オプティカルの左横ボタンが引っかかるように。買ってまだ数ヶ月なのになあ・・・

■ブラウザの『お気に入り』が飽和状態。
マ~猫は整理が駄目な子ね。などと言っていても致し方ないので、めぼしいリンクを廃墟状態のウェブページに移動中(リンク)。手間だなあ・・・

■お腹空いたぁ~~
チーズもクリームも使わない、トマトスパゲッティはあっさりしているので、80gのポーションとかでは食べた気がしない。ガッツリ食べたい、160gぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

セブンイレブンの景品と肌荒れ

Handcream1

一週間ほど前になるだろうか、セブンイレブン フェアのクジで、資生堂の尿素10%クリームが当たった(画像参照)。

ちょうど乾燥肌が酷く、顔の皮膚が割れ出血したり肘や手がカサカサになっていたので嬉しい景品。ニベアのような香料の嫌味もなく、素晴らしい。

でもその後、ビタミンAが不足していることに思い至り、ニンジンやさやインゲンといった緑黄色野菜をインド風の蒸し煮『サブジ』にして摂取したら覿面乾燥肌が治ったので、クリームの出番がなくなってしまった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

新豆はいい・・・

20081115_azuki

新豆はいい・・・いや、むしろ新豆に限る、小豆は。

8時から煮始めて、3時間でしうりょう。
いつも古豆で苦労(まあ、自業自得だが)しているので、煮上がりの早さに感動。

若干潰れ気味だけど、レシピ見ないで作ったので致し方あるまじ。
灰汁は取ったが、色を出す為に渋きりしていないのでやや味が渋い。

牛乳で延ばして渋を抑え、お汁粉にしてもらおう。

追記:あんちょこにしている辻製菓技術学校の『和菓子入門』をみたら、製法が全く違っていた。ああ、なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

鰹節の末路

Furikake1

マ~猫の魔手にかかった鰹節の末路はかくなります。

鰹節削り節(薄削り)は、出汁をとったあとの出しがらを軽く刻んで鍋に移し、酒・砂糖・みりん・醤油の順に加えて煎り、白いり胡麻を加えてふりかけか佃煮に。本当はもっと濃い目に、しっとりと甘辛く仕立てた方が好みですが、今回はやや薄味に。

写真のそれは味付け海苔を細かく切ったものと、卵の黄身を裏ごしし、煎りあげたものを合わせてありますが、この卵ふりかけは今日が初チャレンジで、研究の余地がある感じ。つまりいまひとつです。
粗塩を加えて煎りあげたのですが、しょっぱく、また塊が小さかった。次は粗塩の代わりに砂糖で試してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

探索者シートPDF

5th_1920s_sheet

エンターブレイン社『クトゥルフ神話TRPG』向けに探索者シートをこさえてみた。
というか以前こさえたやつの手直し版。

『クトゥルフ神話TRPG』はB5判なのだが、A4判のPDF。

探索者シートのページ


一見すると、公式ルールブックの探索者シートを素気なくしたレイアウトのようでいて、やっぱりその通りなのだが、二枚目の「探索者のデータ」のレイアウトはマ~猫好みにかえている。三枚目は、二枚目の「探索者のデータ」の下線なしバージョン。

ホビージャパン社の『“クトゥルフの呼び声” ルールブック (改訂版)』向けもこさえてみた。




追記:
印刷はAdobe Acrobat/Adobe Readerを推奨。
PrimoPDFとの相性が悪いのか、PDF-XChange Viewerでは化けました。


2009年6月11日追記:
初期成功率その他、更新。

続きを読む "探索者シートPDF"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

『ギャング・オブ・ニューヨーク』 ハーバート・アズベリー/富永和子訳 ハヤカワ文庫NF

『ギャング・オブ・ニューヨーク』 ハーバート・アズベリー/富永和子訳 ハヤカワ文庫NF
http://www.amazon.co.jp/dp/4150502544/

980974159_191

目次

序文
1章 ギャングの揺りかご(貧民街の盛衰と住民たちの生態)
2章 バワリーとファイヴ・ポインツ・ギャング
3章 河岸地区の犯罪
4章 川盗賊
5章 ビル・ザ・ブッチャーの殺害(賭博場とギャンブラーについて)
6章 警察とデッド・ラビッツ暴動(政治・行政の腐敗とギャング)
7章 徴兵暴動(南北戦争の裏側で・・・暴動は熾烈な市街戦に)
8章 徴兵暴動──その2
9章 ニューヨークがまさしく悪の温床だったころ
10章 銀行強盗王
11章 ワイオスと彼らの最盛期
12章 ギャングの王国
13章 ギャングの貴公子
14章 中国人の秘密結社戦争
15章 最後の大抗争
16章 消えゆくギャングたち
訳者あとがき
(括弧内)は筆者注

19世紀から20世紀初頭にかけて、ニューヨークになだれ込んだ移民ら貧困層を中心に発生した、凶悪な無頼漢、犯罪者達とその恐るべき"ギャング"について、その背景・土壌と歴史、ありようを活写する。

原書が出版されたのは1927-28年で、古い本。

序文で、禁酒法下の当時、もはやニューヨークに"ギャング"は存在しない、と作者は喝破しています。存在するのは、所詮は若い犯罪者たちの雑多な集団、小規模なグループに過ぎず、往年のギャングの組織力や八方破れの度胸が欠けている、そのような小集団をギャングと囃すのはマスコミだけであり、暗黒街ではギャングとは呼ばない、モブ(Mob)と呼ぶのだと。

内容ですが、基調となっているのは無軌道な暴力-それも強烈な-です。『クトゥルフの呼び声』の参考に、と思っていたけど、『ウォーハンマーRPG』のコアなファン向けという感じ。様々な種類の悪党の生き様が生々しく活写されているので、ローグ系のキャラクターを濃くプレイしたい人にはお勧め。ただし、あまりに非道徳的で無慈悲な悪漢を演じてしまうと、周囲がついてけない、引いてしまう危険が高い、諸刃の刃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »