« 探索者 ジャック・マーロウ | トップページ | DG S&T#161 Successors入手。 »

2008年7月29日 (火)

イギリスの旧通貨はマ~猫には難解

イギリスの、1971年の改定以前の旧通貨は、マ~猫には少し難しい。
こんなものにうっかり手を付けると大変なことになるから、知らぬ存ぜぬで通すのが本来です。

以下抄訳

ブリテン島はポンド制が基本で、ポンド、シリング、ペンス(旧ペンス)に分けられ、20シリングで1ポンドとなり、12ペンスで1シリング。つまり、240ペンスで1ポンドです。

それぞれ単位は£/s/dと書き表されるか、LSDと呼び習わされます。

価格を表記する場合、"£8/4/-"と書けば8ポンド4シリング、"2/6"などと書けば2ポンド6ペンス。"£8.5.6"という表記は、8ポンド5シリング6ペンス。


1920年代流通していた(らしい)貨幣は以下の通り
Farthing..............................................................1/4d
Halfpenny (“ha’penny”).....................................1/2d
Penny...................................................................1d
Three-penny bit (“Thruppence” or “Joey”)........3d
Sixpence (“Tanner”)...........................................6d
Shilling (“Bob”)..................................................1/-
Two Shillings (“Florin”).....................................2/-
Half-crown.........................................................2/6
Crown (“Dollar”)................................................5/-
Sovereign......................................................£1.0.0
Guinea (not a coin or note)...........................£1.1.0

各硬貨は一方の側に君主の顔を、その裏にブリタニアをあしらいました(多くのコインがしばしばこの慣行を破りました)。
銅合金で鋳造された他のコインと違い、ソヴリンは金本位制(£1=$4.8)を固守するために金で造られ、本当のところ法定の額面よりも価値がありました。もはやギニー硬貨は存在しないことに注意してください;1ポンド1シリングを表す名目的なもので、ピアノや競走馬、屋敷や借地などの奢侈品の取引にしばしば用いられました。

注:過去、ペンスだけで1/4ペンス、1/2ペンス、1ペンス、2ペンス(銅貨)、3ペンス(黄銅貨)、4ペンス、6ペンス(銀貨、白銅貨)が存在し、4ペンスを特にグロート(Groat)という。シリングには銀貨、白銅貨が存在する。2シリング(フローリン)は銀貨で1/2ポンド。クラウン銀貨は1/4ポンド(=1/5シリング)で対外的な銀取引の基本単位となる。半クラウンなどという貨幣もあった。ポンド金貨には1ポンド、2ポンド、5ポンドが存在。ソヴリン金貨には1/2ソヴリン、1ソヴリンが存在。ギニー金貨には1/2ギニー、1ギニー、2ギニー、5ギニーが存在。
このうちどれが1890年代、1920年代に流通していたかはマ~猫はよくしらない(喀血)。
http://en.wikipedia.org/wiki/British_coinage
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%8B%E3%83%BC
http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/index.html

翻訳続ける・・・かどうか分からない。混乱して居るので。

Ten shilling note (introduced 1928).................10/-
One pound note (introduced 1928)...............£1.0.0
Five pound note.............................................£5.0.0
Ten pound note............................................£10.0.0


Notes (bills in US English) were black and white and only printed on one side, at least up until the introduction of double-sided colour notes in 1928.
That year also saw the introduction of the 10/- and £1 notes. Anything larger than a £1 note is unlikely to be tended (or get change), and even if taken users may be asked to sign the back. Within the banking system notes up to a million pounds were circulated, but these weren’t released for public use. While the Bank of England has the monopoly on notes in England and Wales, prior to 1921, the Somerset bank Fox, Fowler and Company were entitled to print their own money under a quirk of historical law. These were technically still legal tender until used, and some may have remained uncashed well into the 1930s.

|

« 探索者 ジャック・マーロウ | トップページ | DG S&T#161 Successors入手。 »

RPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218581/42000940

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの旧通貨はマ~猫には難解:

« 探索者 ジャック・マーロウ | トップページ | DG S&T#161 Successors入手。 »