« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月21日 (木)

CBSドキュメント:弾丸試料の鉛同位体比分析に・・・

現在TBSで放送中のTBSドキュメントにて、ケネディ暗殺以降、FBIのラボが30年に渡って行ってきた弾丸試料の鉛同位体比分析(鉛分析)について、科学的根拠なしとの去年11月のレポート。

同一ライン、同時期の製品(弾丸)でも品質は安定せず、同定できないとか。しかしこれまでに数千件検査され、決定的証拠として冤罪の原因となった可能性があり、FBIの対応は後手に回ったとのこと。

| | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

「ストーンヘンジ」特集@Yahoo!動画

Yahoo!動画にて、ナショナル・ジオグラフィックスの「ストーンヘンジ」特集を視聴。

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00490/v03711/

古代の巨石文明は、何の為に構造物を築いたのか、いかにして長距離石材を運んだのか。ストーンヘンジの建築に携わったのは、どんな人々だったのか。興味深い。

番組の検証方法と結論(論旨)は今回見た番組も怪しいが、娯楽として面白い形で提示している。そして、ストーンヘンジ周辺の風景の映像は素晴らしい。

ところで某シナリオにウェールズの『ドルイド・リング』というのが登場するのですが、『ストーン・ヘンジ』なのか、それとも『妖精の輪』なのか解釈に苦しみます。

ストーン・ヘンジ参考資料

イギリス大使館ニュース:ストーンヘンジはウェールズ人によってつくられたのか?
http://www.uknow.or.jp/be/science/science_news/JSC000097.htm

| | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

Viking DrakkarとNorse Knorrの違い

クトゥルフ・ダークエイジ(p.52~p.53)にて、ヴァイキング・ロングボート(ヴァイキング船、ドラッカール、竜頭船)とノルマン・クノールという中世の船舶の例が紹介されていました。

バイキング・ロングボート(ドラッカール:竜頭船)
長さ22m、幅4.5m
・乗員 こぎ手40名
・貨物 16トン
・喫水 0.9m
参考価格:9,000デニール

ノルマン・クノール
長さ11m、幅3m
・乗員 水夫4名
・貨物 8トン
・喫水 0.9m
参考価格:3,000デニール

訳語がややこしい上に貧弱なデータだけで解説がないので分かり難いのですが、原語はそれぞれViking DrakkarとNorse Knorrで、どちらもヴァイキングのロング・シップです。ちなみにマ~猫は最近まで、後者をローマ風の軍船だと思いこんでいました。

ゲームにおける両者の違いは、前者が帆走に加えて櫂(オール)を多数用いるのに対し、後者は帆走が主になっていること。
よってドラッカールは沿岸や川を遡上して荒らしまわる襲撃に向き、安価でクルーも少なくてすむクノールは長期の航海(たとえばヴィンランドを目指したりとか:-)に向くという感じか。

ちなみに近刊予定のサプリメントは、小型のクノールに乗ってヴィンランドへ向かうヴァイキング達が主人公となる3本のシナリオにヴァイキング資料、詩篇がついたものだそうです。

http://catalog.chaosium.com/product_info.php?cPath=45&products_id=1198
http://hiki.trpg.net/Cthulhu/?CthulhuDarkAges

| | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

特殊ダイス

ひとむかしまえ、Yog-Sothoth.comだったかケイオシアム社サイトだかで公式クトゥルフ・ダイスのアナウンスをしていて、そこでリンクされていたのが下記のサイト。
http://q-workshop.com/main.php?lang=EN&sell_type=DETAL
http://q-workshop.com/preorder.php?lang=EN&sell_type=DETAL

最近日本国内でも流通し出したらしく、今年に入って紹介されたり、あるいはYahoo!オークションに出品されたりしている模様。

マ~猫はダイスに関しては機能優先、視認し難いダイスと感じていたのでスルー確定。

あえて欲しいといえば、クトゥルフ・ダークエイジのカタログページで紹介されているダイス。渋い色調で好み。
http://catalog.chaosium.com/index.php?cPath=45

| | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

BBCヒストリー・オブ・ブリテン シリーズ、Yahoo!動画

Yahoo!動画にて、『BBCヒストリー・オブ・ブリテン シリーズ』全15回を視聴中。

悲しいことに、回線(ADSL)のスピードの問題か、あるいは再生環境が貧弱な為か、ややコマ落ちが目だつのですが、なんとか”視聴可能”な範囲。

この数日で第1~4回を視聴。

内容は石器文明からローマによる統治、ヘンリー二世による王権の整備、ノルマン・コンクエスト、エドワード一世(長脛王)による勢力拡大と後継王による失地まで。

映像の見せ方が巧みで、ブリテンの風景も美しい。
ヘンに美化したりせず、歴史の過酷な側面をも積極的に表現する姿勢はさすがBBCドキュメンタリ。素敵。

Yahoo!動画ではディビッド・スーシェ主演のエルキュール・ポワロシリーズ数編も放送中で、こちらもなんとなく視聴。脚本・演技・演出ともに素晴らしい作品だと再認識。『オリエント急行の殺人』が製作されなかったのは返す返す残念。

他にはドラマ『SAS』の無料放送分第一シーズン第一話を視聴。英国陸軍特殊部隊SASについて書かれたフィクション・ノンフィクション作品を何冊か読んでいたので楽しめました。

| | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »