« ゲームブック『失われた魂の城』 | トップページ | 混沌の渦(Maelstrom) »

2008年1月26日 (土)

歩行可能な寝袋

旧西ドイツには、歩行可能な変わりだね軍用寝袋があった。

Paaaaakbmkapnepat

袖付きで膝のあたりに開口部があり、通常はジッパーとスナップ・ボタンで閉じるが、緊急時は開口して足を出し、脚の裏側に折りたたんでベルトで止める。

アイデアとしては面白いのだが・・・
防水キャンバス製で、その防水性の高さゆえに蒸れ易い傾向にある。 ライナーが付くが、ライナーの中身(中綿)は最低水準の再生スポンジで、しかも薄く防寒性は非常に低い(気温10度以下は厳しい)。 また、開口部はジッパーとスナップで止めても低温時に冷気が侵入しやすい。

Sbaggerman

むかし中古品を購入したことがあったが、性能が低いのと経年劣化でボロになったのとで捨ててしまった。
ネタ的に買うのは良いが、やはり寝袋はオーソドックスな民間品が一番だ。

|

« ゲームブック『失われた魂の城』 | トップページ | 混沌の渦(Maelstrom) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218581/17839485

この記事へのトラックバック一覧です: 歩行可能な寝袋:

« ゲームブック『失われた魂の城』 | トップページ | 混沌の渦(Maelstrom) »